MOZUの動画を無料で視聴!口コミ&動画配信サービス一覧

西島秀俊、香川照之さん、そして真木よう子さん主演で大きな話題になっていた「MOZU」、ご覧になりましたか?

MOZUは予告がとても巧妙で、映像もテレビドラマとは思えない奥行きがあるなど、いろいろな方面で評価が高かったドラマでした。

不気味さがすごいとも言われていましたね(笑)

そんな「MOZU」は、現在動画配信サービスでも視聴することができます。

劇場版やスピンオフ2作品も一挙公開されているので、ぜひこの機会に視聴してみてくださいね!

ここでは、「MOZU」が無料・有料で視聴できる動画配信サービスや、「MOZU」のあらすじ、視聴した方々の口コミ、キャストの紹介などを行っていきます。


もくじ

MOZUが配信されている動画配信サービスまとめ

「MOZU」が配信されている動画配信サービスを、定額見放題とレンタルに分けて一覧にしてみました。

オススメはやっぱり定額見放題の動画配信サービスです。

MOZUを定額見放題で配信している動画配信サービス

配信サービス名 月額料金(税抜) 無料期間 主な特徴
U-NEXT 1,990円 31日間 ・国内ドラマ、海外ドラマ、映画、バラエティなど19万本がいつでも見放題!
・毎月1,200ポイントプレゼント。
hulu 933円 2週間 ・完全定額制の動画配信サービス。追加料金は一切かかりません。
6万本以上が完全見放題。
Paravi 924円 2週間 ・TBS・テレビ東京・WOWOWが集合している動画配信サービス。
・「半沢直樹」シーズン1が見られるのはParaviだけ!
Amazon Prime Video 月額:500円
年間:4,900円
30日間 ・年間登録なら月額408円。激安動画配信サービス!
・1万本以上の動画が見放題
TSUTAYA TV 933円 30日間 ・レンタルショップTSUTAYAの動画配信サービス。
・レンタルDVDもお得に借りることができます。

 

MOZUをレンタル・PPVで配信している動画配信サービス

配信サービス名 月額料金(税抜) 無料期間 主な特徴
ビデオマーケット ・スタンダード会員:無料
・プレミアムコース:500円
・プレミアム&見放題コース:980円
※その他NHKオンデマンドパックなどもあります
初月無料 ・17万本の動画を配信中。
・「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」は1,650ポイントで配信してます。(その他の「MOZU」シリーズもあります)
Rakuten TV 220円~ 契約するチャンネルによって異なります ・見たいチャンネルだけを定額見放題で登録できます。
・「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」は1,650円

 

MOZUを見るのに1番おすすめな動画配信サービスココ!その理由は?

「MOZU」は、現在以下の3シリーズと、スピンオフシリーズが2本放送されています。

▼「MOZU」本編のシリーズ

タイトル 放送形態 放送日
Season1~百舌の叫ぶ夜~ TBS木曜ドラマ劇場 2014年4月10日~6月12日
Season2~幻の翼~ WOWOWプライムチャンネルの「連続ドラマW」 2014年6月22日~7月20日
ドラマ。TBS木曜ドラマ劇場 2014年10月16日~11月13日
劇場版 MOZU 映画 2015年11月7日公開

 
 

▼「MOZU」のスピンオフシリーズ

タイトル 放送形態 放送日
MOZUスピンオフ大杉探偵事務所~美しき標的編 TBS 2015年11月2日
MOZUスピンオフ大杉探偵事務所~砕かれた過去編 WOWOWプライム 2015年11月15日

 

これらをすべて定額見放題で視聴できる動画配信サービスはこちら。

「MOZU」シリーズを全て見るなら、U-NEXTまたはhuluがおすすめ。

できるだけ毎月の定額料金を抑えたいならhulu、動画配信サービスをエンタメとしてたっぷり楽しみたいならU-NEXTをおすすめします。

この2つの動画配信サービスを簡単に比較してみました。

U-NEXT hulu
月額料金(税抜) 1,990円 933円
配信本数 見放題:19万本以上
レンタル:2万本以上
見放題6万本以上
ダウンロード 可能 可能
アカウント 最大4つ作成して同時視聴できます 最大6つ作成して同時視聴できます
キッズアカウント 作成可能。
R18の作品を視聴不可委する、レンタル作品の視聴を利用できないようにするなどの設定が可能。
作成可能。
キッズアカウントでログインすると専用画面になり、過激な動画などは表示されなくなります。
ポイント 毎月1,200ポイントプレゼント レンタルなどの課金コンテンツがないのでポイント制度もありません
動画以外のサービスは? ・雑誌80誌読み放題
・漫画などの電子書籍購入可能
なし
解約はいつでもできる? できます できます
無料期間 31日間 2週間

 

huluは完全定額制!家族で一緒に動画配信サービスを楽しメル

huluは月額933円で、6万本以上の動画を全て定額で視聴することができる動画配信サービスで、無料期間は2週間あり、この期間に解約をすれば料金は発生しません。

⇒hulu(フールー)の料金・無料期間・評判・口コミ・支払方法・解約方法など

U-NEXTはサービススペックが高い!

U-NEXTは、月額料金1,990円です。この価格は「MOZU」を見放題で配信している動画配信サービスの中では最も高い料金設定になります。

しかし、U-NEXTは間違いなくこの価格以上のサービスを展開しているので、お得感たっぷりなんです。

動画は見放題が19万本以上、レンタルが2万本以上です。見放題が19万本以上というのは間違いない国内最大級です。

しかも、U-NEXTなら雑誌も80誌以上が読み放題になっています。これだけでもすごくないですか?

さらに、毎月月初に1,200ポイントのプレゼントがあるので、このポイントを使えばレンタル作品や漫画の購入も追加料金なしで楽しむことができます。

新作映画はレンタルになるので、動画見放題に加えて、毎月2本程度の新作映画を課金なしで見られることになります!

また、U-NEXTはアカウントにも特徴があります。

U-NEXTでは、最大4アカウント作成できて、それぞれが独立したアカウントとして操作できるんです(ポイントプレゼントは毎月1,200ポイント)。

同時視聴も可能ですし、お気に入りや履歴などはアカウントごとに管理できてパスワードをかけることができるので、いくら親子でも自分が見た動画の履歴を全部見られるのはちょっと気になる・・・という時にとてもおすすめできます。

また、子アカウントではR18・R20作品やアダルトコンテンツが表示されません。アカウントごとに視聴制限をかけることもできますので、家族で別々に動画配信サービスを楽しみたいという時にはU-NEXTをおすすめします。

4アカウント作ったら1人あたりの月額料金は500円程度なので、そう考えるとお安いかも?

U-NEXTは無料期間はたっぷり31日間!

この期間は19万本の見放題作品を無料で視聴できるので、「MOZU」の本編とスピンオフを全部見終わるのではないでしょうか?

また、無料期間に登録すると600ポイントのプレゼントがあるので、新作映画も1本視聴することができます!

⇒U-NEXT(ユーネクスト)の評判・口コミは?料金・無料期間・解約方法など

MOZUのあらすじ

「MOZU」は、逢坂剛のハードボイルド小説「百舌」を原作として、TBSテレビとWOWOWが共同制作した刑事ドラマです。

Season1~百舌の叫ぶ夜~

第1話「Episode1 都心で起きた爆弾事件…妻を失った公安のエースVS記憶を失った殺し屋」のあらすじ

警視庁公安部特務第一課警部の倉木尚武(西島秀俊)は、繁華街で起きた爆発事故によって妻・千尋(石田ゆり子)を亡くします。

なぜ妻が死ななければいけなかったのか、その本当の真実を知りたいという衝動が倉木尚武(西島秀俊)を突き動かしていきます。

一方、山道を進んだ崖の上では、新谷宏美(池松壮亮)が銃口を突きつけられていました。

男たちに、「お前は百舌(もず)に早贄にされる」と言われ崖から蹴り落とされてしまいます。

爆発事件から数日後、大杉良太(香川照之)は早朝の公園でランニングをしている公安部公安第二課巡査部長・明星美希(真木よう子)を引き留めます。彼女は事件当時の現場近くにいました。

第2話「Episode2 殺し屋の記憶と妹の謎」のあらすじ

爆発事件では多くの死傷者が出て、心に傷をおってしまった人も多数いました。その中のひとりである少女は奇妙な絵を描くようになります。

少女は、その絵を見たカウンセラーに絵は爆発現場であることと、おばけを見たことを伝えます。

大杉は鳴宮啓介(伊藤淳史)が勤務している交番で、爆発現場の映像を確認しますが、少女が見た場面が見つかりません。誰かが故意に削除したのでしょうか?

第3話「Episode3 男の傷跡と家族の記憶」のあらすじ

美希は新谷に接触しますが、危ないところを倉木に助けられます。倉木尚武(西島秀俊)に全てを話すように言われた美希は、倉木と大杉に新谷の殺しのスタイルを話します。

倉木尚武(西島秀俊)の妻・千尋は5年前にある作戦に参加していました。その時何があったのかを大杉に聞きますが、何もわからないと言われてしまいます。

第4話「Episode4 刑事の誇り…父娘の絆」のあらすじ

大杉良太(香川照之)の前に美希が現れ、伝えなければいけない倉木尚武(西島秀俊)からの伝言があると言います。倉木は大怪我を負ってしまい、入院しています。

大杉良太(香川照之)には娘・めぐみ(杉咲花)がいるが、親子仲は良くはありません。

そんなめぐみが万引き騒動を起こしてしまいます。めぐみは自分はやっていないと言いますが、大杉良太(香川照之)は信じることができません。

そのことをゴシップ記者に嗅ぎつけられた大杉良太(香川照之)は、ネタにしない代わりにあることを頼まれることになります。

第5話「Episode5 迫る魔手白昼の激闘」のあらすじ

新谷は中神(吉田鋼太郎)の部下に拉致されて、ICチップのありかを白状するように拷問を受けています。

記憶を失っていて、その場所がわからない新谷ですが、容赦無く痛めつけます。

一方、倉木尚武(西島秀俊)と大杉良太(香川照之)は、あることがきっかけで爆発現場の監視カメラ以外の映像を初めて見る機会を得ます。そこには爆発の瓦礫の中で泣いている少女と、その少女が見つめる先にある「何か」が写っていました。

第6話「Episode6 よみがえる殺し屋…妹の正体は」のあらすじ

拷問を受け続ける新谷は朦朧とする意識の中で、自分の生い立ちと兄妹のこと、爆発事件の日にあった出来事を思い出していきます。

一方、警察庁警務局特別監察官 警視正・津城(小日向文世)は、「我々は大きな勘違いをしていたようだ」と言って倉木・大杉・美希に報告書を渡します。

第7話「Episode7 倉木VS百舌 謎の女の正体がついに衝撃の真実」のあらすじ

記憶を取り戻し覚醒した新谷は、犠牲者を出しながら逃走します。

倉木尚武(西島秀俊)たちは新谷の足取りをつかむことができません。

美希は倉木尚武(西島秀俊)に自分宛に送り主無記名で届いた封筒を渡します。

その中に入っていたのは、倉木の妻・千尋が5年前に参加した警察の極秘作戦「グラークα作戦」に関する資料でした。

第8話「Episode8 妻の虚実と明かされた首謀者…」のあらすじ

大杉・美希・津城(小日向文世)は、爆弾事件捜査の指揮を取り仕切る若松(戸田昌宏)を尾行して無人のスタジアムにたどりつきます。

そこには大杉良太(香川照之)たちも知っている人物が現れることになります。

一方、倉木尚武(西島秀俊)は妻・千尋が爆発事件の日にサルドニア共和国大統領の警備計画書を持っていたことを上司に告げます。

第9話「Episode9 倉木VS東…百舌の逆襲…失われていく秩序」のあらすじ

爆弾を起動させたのは妻・千尋だったのか?わからなないまま倉木尚武(西島秀俊)は爆発現場にいきます。

物陰には何者かの姿が・・・。

爆弾事件最大の黒幕やその目的も明かされますが、まだ疑わしいことも残ります。

最終回「Episode10 最終対決 爆弾に狙われた空港…倉木が辿り着く真実」のあらすじ

サルドニア共和国大統領の来日の日が来ました。爆弾テロが起こる可能性がまだあることから大統領が到着する空港に急ぎます。

そこにはたくさんの利用者がいますが、その中には新谷の姿もあります。

Season2~幻の翼~

Season2では、Season1の終わりから半年後のストーリーが始まります。

第1話「Episode1 公安のエースが妻の死の謎を追って孤高の戦いへ…空白の72時間に何が」のあらすじ

倉木尚武(西島秀俊)は亡き妻・千尋が関わった警察の極秘作戦「グラークα」を調べ続けていて、精鋭捜査官6人が捕虜になり5人が処刑されたが千尋だけが生き残ったことがわかります。

第2話「Episode2 よみがえる百舌…その正体とは」のあらすじ

北海道のエネルギー研究所で爆発事件が起こります。その防犯カメラに映っているのは間違いなく新谷です。

しかし、新谷は半年前の空港爆発テロ事件の日に死んでいるはずです。

謎が多いまま、倉木尚武(西島秀俊)のところに電話がかかってきます。電話の声の指示に従って電話ボックスに行くと写真と拳銃がありました。写真には「グラークα」作戦に参加する妻・千尋とある人物が写っていました。

第3話「Episode3 倉木逃走…真実を知る闘いへ…」のあらすじ

官房長官を爆死させた容疑が倉木尚武(西島秀俊)にかかり、指名手配されてしまいます。

大杉良太(香川照之)と美希は心配しますが、倉木尚武(西島秀俊)の行方はわかりません。

美希は自分をひいた車を確認すると、その車に乗っていたのが自分が探し続けていた父であることがわかります。

父は元公安警察だったのですが、警察を裏切って失踪していたのです。

第4話「Episode4 曲げられた真実…止まらない倉木闇へ疾走」のあらすじ

公安部部長・池沢清春(佐野史郎)は一連の連続殺人事件の容疑者が新谷であるとい発表します。
しかし、新谷は半年前に死んでいるはず・・・。

偽の容疑をかけられ続けている倉木尚武(西島秀俊)は、首謀者の行方を聞き出すため、多くのグルジブ人テロリストを拷問します。大杉良太(香川照之)は倉木のそんな暴走を止めようとします。

最終回「Episode5 最終回…雪に埋もれた秘密施設亡き妻が遺した“本当の真実”」のあらすじ

「グラークα」作戦が実行された北海道最北端の無人島で、ロシアの秘密基地が爆発されようとしていました。

倉木尚武(西島秀俊)、大杉良太(香川照之)、美希は津城から真実を聞くことになります。

劇場版 MOZU

妻の死の真相にたどり着いた倉木尚武(西島秀俊)は気力を失っていました。大杉良太(香川照之)も警察への不信感が高まり、退官して探偵事務所を開いています。

そんなある日、テロ集団によって高層ビルの大規模強盗、脅迫事件とペナム大使館襲撃事件が同時に発生します。

倉木尚武(西島秀俊)と大杉良太(香川照之)はこの事件を捜査することになり、「ダルマ」が関わっていることがわかります。

MOZUの登場人物・キャスト

ここでは「MOZU」全シーズンの主要キャラクターをご紹介します。

倉木 尚武(西島秀俊)

倉木 尚武(西島秀俊)は、警視庁公安部特務第一課捜査官で警部。公安のエースと呼ばれています。

爆発テロによって妻の千尋を失います。この死の真相を知るために捜査を進めていきます。
常に冷静ですが、妻の死には執着が強く強引すぎる捜査も行います。

西島秀俊さんは1971年3月29日生まれ、東京都八王子市出身の俳優さんです。

主役を演じることも多いですが、「MOZU」でも西島秀俊さんはハードボイルドを絵に描いたような刑事を演じています。

コマーシャルでは「MOZU」でも共演している伊藤淳史さんと仲良し先輩・後輩で出演されています。

大杉 良太(香川照之)

大杉 良太(香川照之)は、警視庁刑事部捜査一課捜査官で警部補、叩き上げで熱血型。

高い戦闘力を持ち、最初は倉木尚武(西島秀俊)をうとましく感じていますが、だんだんと仲間のようになっていきます。

スピンオフではこの大杉が開業した大杉探偵事務所が中心の物語になっています。

香川照之さんは大河ドラマ、映画にも欠かすことができない俳優さんですが、近年は昆虫が大好きということでEテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」のカマキリ先生としても新しい顔を見せています!

あまり知られていませんが、香川照之さんは東大出身でもあります。

明星 美希(真木よう子)

警視庁公安部公安第二課捜査官(Season2では公安部外事第四課作業班の捜査官)
クールで、女性ですが高い戦闘力があります。

爆発テロ現場近くにいて、のちには津城から支持を受けて、倉木尚武(西島秀俊)や大杉良太(香川照之)に情報を流すようになります。

父親も元公安ですが、現在は行方不明になっています。

真木よう子さんは、あの吸い込まれそうな大きな瞳がとても印象的な女優さんです。

私の中ではちょうど「MOZU」の美希役のようなショートカットのイメージが強い女性なのですが、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の楢崎龍のような着物のまとめ髪もとてもよく似合っていましたね。

津城 俊輔(小日向文世)

津城 俊輔(小日向文世)は、警察の内部を調査する警察庁警務局の特別監察官で警視正、内部処理の実績は過去最高。

警察の秩序を維持することが目的なので、真相の追及に走る倉木たちの完全なる味方にはなりません。美希の父親失踪に関しても情報を持っている様子。

「コヒさん」の愛称で親しまれている小日向文世さん。2016年1月からは「ぶらり途中下車の旅」で3代目ナレーターとして素敵な声を届けてくれています。

いつもニコニコしている役柄も、冷酷な役も似合うのですが、ニコニコしていてもどこか目が笑っていないようなフィクサー的な役柄もハマりますね。

裏切りそうで裏切らなかったり、実は裏切り者だったりと、「どっちだ!!」と思わせる絶妙な演技にもハマる小日向さんですが、ご家族への愛情がとても深いことでも知られています。

テレビ越しで見ているこちらにも人間性も素敵な方なんだろうなーと伝わってくる俳優さんなのではないでしょうか?

鳴宮 啓介(伊藤淳史)

鳴宮 啓介(伊藤淳史)は、警視庁台東警察署入谷交番に勤務する警察官で階級は巡査長、コンピュータの知識と警察内外の情報通。

伊藤淳史さんは、どちらかというと主人公を支える相棒といった重要な役割で印象を残していることが多いのではないでしょうか。

「チームバチスタシリーズ」では仲村トオルさん演じる白鳥圭輔とのコンビもそうですが、名取裕子さん(役柄は藤原真琴)との母と子を感じさせるようなやりとりで見せる表情が好きです。

2019年3月に放送された「名探偵・明智小五郎」でも、主人公の明智小五郎役(サイバーセキュリティ企業「AKロジスティクス」の元CEO)が西島秀俊さんで、伊藤さんは警視庁刑事部「サイバー捜査支援室」主任として共演しています。

あのちょっと照れたような笑顔は伊藤淳史さんが何歳になっても変わらず魅力的です!

MOZUを視聴した方々の口コミ

「MOZU」を視聴した人のネット上の口コミから、評判をチェックしてみます。

「MOZU」は2014年に放送されたテレビドラマなのですが、今年2020年に投稿されている口コミもとても多いので、動画配信サービスで見ている人も多いのかもしれませんね!

「MOZU」を高く評価している良い口コミでは、次のような声がありました。

・登場人物vs公安警察という図式が面白いです。改めて見たら予告編のクオリティも高くてびっくりです。
・最近のドラマにはない話の重さで、スカッとするというよりは回を重ねるごとに重くなっていきます。役者さんがみんな流石の演技力です。
・トラウマになってしまいそうなくらい不気味な表現があります。表現力がすごいです。
・リアルタイムで見ていた頃から君の悪いドラマだと思っていたのですが、やっぱり怖いです!演者さんも豪華ですね。
・WOWOWも制作しているだけあって映像が綺麗ですね。キャストがみんな良い味を出しています。
・ドラマというよりも毎回映画を見ている感じです。俳優さんが豪華で制作陣が気合を入れていることがわかります!

「MOZU」はハードボイルド作品なので残酷な描写や、怖い、不気味な表現もあります。

そのせいか、評価は賛否両論といった感じでネガティブな口コミもやや多く見つかりました。

・アクションシーンが見せ場なのかもしれませんが長すぎてちょっと疲れます。
・全体的に日常を感じさせる場面が少なく暗さがずーっと漂っている作品です。そのためダークな雰囲気に見ている方が慣れてしまって単調に感じます。役者さんも原作も良いのに演出のために奥行きが感じられません。
・メインキャストたちの話口調がずーっと一定で、役作りなのでしょうが棒読みに思えてきて不自然です。
・タバコを吸いすぎで、見ていて不愉快です。食事中でも周りに大勢人がいてもタバコを吸っていて、2014年はそういう時代だったのでしょうか。
・よくある海外ドラマの劣化版に感じられました。ハードボイルドと抑揚のないつまらない演技は違うと思います。
・シーズン1は原作に忠実ですが(違うところもありますが)、シーズン2以降はオリジナルになります。シーズン2以降のクオリティがひどい。

MOZUの口コミに対する私のコメント

「MOZU」の口コミは、良いものも悪いものも、ドラマを見終わってその興奮のままにレビューしたのかな?と思えるものが多かったので、皆さんの勢いが伝わってきて読んでいて面白かったです。

「MOZU」の良い口コミでは、映像技術、ストーリー、役者さんの演技を褒めている声が多くて、全体的にハイレベルなドラマであることがわかります。

そもそもハードボイルドということで、好き・嫌いは大きく分かれると思うのですが、「公安の闇」「国家権力の闇・日本社会の闇」みたいなドラマがお好きな方は、回を重ねるたびにハマっていくと思います。

「MOZU」の悪い口コミでやや多く言われていたのが「タバコの吸いすぎ」という声です。

確かにこのドラマ、めちゃくちゃタバコを吸うシーンが多いんです。「見ていて不愉快」「JTのコマーシャルかと思うくらい吸っている」という声もあるくらいだったので、見ていられないと感じる人がいるは確かなようです。

でも・・・、これは個人的な意見ですが、タバコはある種のドラマ・映画の演出には欠かせないアイテムだと思うんです。

そういったアイテムとして使われることが減ってきているのは確かなので、時代の流れとして仕方がないのですが、ジム・ジャームッシュ監督の映画「コーヒー&シガレッツ」でただただ喋りながら吸うタバコ、映画「海の上のピアニスト」で超絶技巧でめちゃくちゃ熱くなったピアノ弦で火をつけるシーン、映画「ティファニーで朝食を」で主役のオードリーヘップバーンが右手で頬杖をついて、左手で長いキセルを持ってまっすぐこちらを見ている写真はあまりにも有名です。

日本のドラマでは、「探偵物語」の「工藤ちゃん」こと松田優作さんもキャメルをバカスカ吸ってて、当時はそれがカッコよかったんです。

近年は映像でタバコをカッコいいアイテムとして使うことが避けられていて、見る機会そのものが減っているので、ますますドラマでもタバコを吸う映像は嫌われていくのでしょうね。

映像の中で大人の男がタバコを吸う仕草をカッコいいと感じてきた世代としては、時代の変容を少し寂しく感じています。

でも、こうやってドラマ・映画によって自分でも何かを感じたり考えたりできるのは、すごく嬉しいことだとも思います!

MOZUのその他の情報

MOZUの主題歌や挿入歌について

「MOZU」に歌手を起用した主題歌はありません。主題歌がない代わりにすごく印象的に使われているのが菅野祐悟さん作曲のメインテーマ「MOZU」になります。

メロディはあるのですが掴みどころがなく、ノイズも多いし、聞いていると胸がザワッとしてくるような音楽です。

菅野祐悟さんは音楽プロデユーサーとして広く知られていますね。

福山雅治さんの代表作でもあり「ガリレオシリーズ」でも音楽を担当していますし、近年では「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の音楽も手がけています。

MOZUの原作漫画・原作小説について

「MOZU」の原作は逢坂剛著の百舌シリーズのうち、「百舌の叫ぶ夜」「幻の翼」になります。

百舌シリーズは他にも発売されていて、現在「百舌シリーズ(公安警察シリーズ)」として、以下の作品が発表されています。

裏切りの日日(1981年)
百舌の叫ぶ夜(1986年)
幻の翼(1988年)
砕かれた鍵(1992年)
よみがえる百舌(1996年)
鵟の巣(2002年)
墓標なき街(2015年)
百舌落とし(2019年)

※カッコの中は諸般の発売年

MOZUの映画化について

「MOZU」の映画版は2015年11月7日に「劇場版 MOZU」のタイトルで公開されました。

テレビ版のシーズン2は、最初はWOWOWで2014年6月22日~7月20日の間に放送されたのですが、その後2015年6月22日~7月20日には地上波TBS系列で放送されました。

「劇場版 MOZU」はそのTBS版の放送直後に映画化が発表されて、2015年11月7日に公開となりました。

「劇場版MOZU」ではドラマの伏線回収も行われているので、ぜひシーズン1とシーズン2を見てから視聴してみてくださいね。

hulu、U-NEXTならシリーズを一気見することができますよ。

MOZUのスピンオフ作品について

「MOZU」では大杉良太(香川照之)と鳴宮啓介(伊藤淳史)を主人公としたスピンオフ作品が2作品公開されています。

「MOZUスピンオフ大杉探偵事務所~美しき標的編」では、警察を退官して全くイケてない私立探偵になった大杉のところに依頼人がやってくるところから始まります。

殺人予告を受けている白石百合(飯島直子)からのボディーガードの依頼で、白石の美しさと多額の成功報酬から依頼を受けることになります。

「MOZUスピンオフ大杉探偵事務所~砕かれた過去編」では、お天気キャスターの小池リサ(早見あかり)より、「死んだはずの妹が現れた」という謎の依頼を受けることになります。

鳴宮の協力を得ながら調査を進めていく中で自分の辛い経験とも向き合うことになりますが、謎がだんだんと溶けていきます。

MOZUのロケ地について

「MOZU」の大掛かりなロケは、福岡県北九州市などの全面協力のもと、市内の30箇所以上を使って行われたのだそうです。

爆発事故が起こるシーンは北九州市小倉北区の「小倉井筒屋クロスロード」です。

最終回で登場する空港は北九州空港、JRA小倉競馬場、AIMビル2Fガレリアの3か所を使って国際空港の雰囲気を出し、エキストラさんの数はなんと1,500人!

大統領家族3人が飛行機からタラップで降りてくるシーンがあるのですが、いくら撮影とはいえ実際の旅客機が到着する部分は使えません。

そこで、北九州空港のいちばん北側にある貨物機専用の部分を飛行機の離着陸がない日に貸してもらって撮影したのだそうです。

また、同じく最終回で車の後部座席真ん中に座っている倉木(西島秀俊)が暴れて、加速した車がスピンするトンネルのカーアクションは北九州市八幡西区の本城第3トンネルが使われています。

撮影のために通行規制をお願いしてロケを行ったのだそうです。

ただ、この部分は特殊な舗装が行われているために、万が一アスファルトに傷や凹みができてし合ったら、全体を修理しなければならず、ものっすごい費用がかかると言われていたのだとか!

映画公開時は「MOZU市プロジェクト」として、市民や商店街を挙げてのイベントもお紺割れていたそうです。

映画の先行上映では、西島秀俊さんも改めて北九州市を訪れてファンとの交流を交わしています。

<参考>:小倉経済新聞「小倉で映画「MOZU」先行試写会 西島秀俊さん、「北九州への思い」語る」

映像化が不可能と言われていた「MOZU」の世界観が実現できたのは、北九州の協力があったからなんですね!

PAGETOP